七夕の短冊に

すごくお久しぶりです。

IPOが再開され懲りずに抽選参加していますが、いまだに当選無し。
いいかげん諦めて各証券会社のお金を一つの口座に集めて、博打的な短期の取引でも
しようかとも思いますが勝てる気がしません。

そいえば会社から年に1度送られてくる確定拠出年金の残高推移。
職場で自慢できるような実績など残していない私ですが、
社員5,000人だったかな?の運用利回りトップ5%に入っています。
金額も少なく、ただ運が良かっただけなんです。

で、これからが本題です。
朝から彼女がLINEで『職場で七夕の短冊に願いを書かなければいけないけど何を書こう』
って内容。
欲がないのか?この子はと思いながら、『皆んなの願いが叶いますように。って書ける心の余裕を持ちたい。』ペンネームは『笑う角に来るお多福』にしたらとサラッと返信。
『どうして私がお多福なの?』なんてやり取りもありつつ、お昼には短冊が小さすぎて
書けなかったので『好きな歌手に会いたい』みたいな事を書いたそうです。
私は『この小さな短冊に、私の大きな夢は書ききれません。来年はもっと大きな短冊になりますように。』ペンネームは『あくまで神頼み』と返信。

私が短冊に願いを書くなら『私の愛する人が幸せでありますように』です。
私は現時点で充分に幸せなんですけどね。

愛してもない人が幸せになったら余裕で妬みますよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です